コージコーナー 旅日記毎日の生活を「旅」にたとえて、旅日記のようなページにしてみたいです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
Jazzからの脱却、脱皮、それとも脱落? 17:18

 大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

 さっそくながら、ライブ告知を。

 新春は116日(日)、明日午後6時から赤坂見付のビアヴァーナというビアレストランでやることになりました。当分の間は月に1回くらいの予定。

  まあ、ライブといっても、一種のBGMです。(お客様のじゃまにならない程度に)しかも、自分はアコースティックギターで出ます。

 今回はレギュラーヴォーカリストの都合がつかないため、先日、成人式を迎えたばかりの姪Asukaや教え子ヴォーカリストさんたちが、シットインで参加してくれます。

 最近は自分のジャズでの表現にも限界を感じ、いろいろなジャンルでオープンにやってます。

 これつまりJazzからの脱却なのか、脱皮なのか、それとも脱落なのか?

 
| ジャズ・ノート | comments(2) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
「夢のような5年間」が終わる 13:04
   2006年元旦から続けてきた“5年日記”も今日で終わる。

 2006年の元旦に池袋「マイルスカフェ」の“超初心者セッション”に参加してから、ちょうど5年。

 5年間の成長曲線はとてもゆるやかなものだったが、時間の許せる範囲内で、たっぷり音楽活動を楽しませてもらった。2006年から書き続けてきた「ジャズ日誌」もとりあえず、今日で終わろう。

  「ジャズ日誌」によると、この5年間で、練習も含めて、一番演奏したベストスリーは次の3曲で( )内は演奏回数。100回以上も演奏したことになる。

    Autumn Leaves (126)

    Days of Wine and Roses (118)

    Someday My Prince Will Come (103)

   今日は、用賀キンのツボで、ピアニスト千葉かおりさん主催の「カウントダウン・セッション」があるので、久しぶりにベースを弾いてみよう。

  2006年、「マイルスカフェ」の“Now’s the time”で始まったこの5年間をしめくくる、弾きおさめ曲は、一体何になるだろう?

  それでは、みなさま、よいお年を!

 
| ジャズ・ノート | comments(2) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
楽譜物語 09:24
JUGEMテーマ:音楽

 

 自分の趣味のひとつに、「楽譜コレクション」が入るかもしれない。

 今回は、自分としては初めて、海外から通信販売で楽譜を取り寄せた。ことの起こりは、8月のライブにヴォーカルさんとギターのデュオで、「Just the Two of Us」をやろうということになり、都内の大きな楽譜屋さんで譜面を探したが、まったく見つからなかった。

 

 そこで、ネット検索をしたところ、フランスの通信販売で、この曲が掲載されている「Jazz Standards」という本があることを発見。350ページほどの本だが、送料込みで2800円くらいだったので、おそるおそるクレジットカード決済で申し込む。するとおよそ1週間後に無事に届いた(写真)。

 

 結果的にすごく安い買い物だったが、わずか1曲だけのためにまるます1冊を購入したのは、ちょっとtoo muchだったかもしれない。しかも、いろいろな事情で、この「Just the Two of Us」はライブでも演奏しなくなってしまった・・・。

久しぶりに本棚を見て見ると、クラシックギター時代からの譜面や、ジャズベースの教則本を全部合わせるともう150冊は超えているようだ。



 
| ジャズ・ノート | comments(3) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
つくば神谷森ライブも無事終了! 23:17
 

 快晴の日曜日、つくば市神谷森で行われた恒例のジャズライブ。

 

 オーナーのMasaさん、Chiekoさんのお世話になり、40名近いお客さんを集めて行われた。 最初はMASAさんのおなじみの「Danny Boy」から。


 Koji's Bandは、今年はピアニスト上原旭を迎えたトリオで出演。さわやかなピアノに乗って、sayoriのアルトサックスもログハウスに響くきれいな音を出していた。


 対バンは、これもおなじみのRyongさん(v)、えのきんさん(dr)。今回はつくば在住のプロギタリスト、鈴木一郎さんを迎えて、高度でプロフェッショナブルな演奏がぞんぶんに楽しめた。Ryongさんは、さらに磨きをかけてソウルフル!


  演奏が終わった後、以前の教え子である高橋倫子さんのお母様から花束とプレゼントをいただき、感無量。ありがとうございました。


 

 今回も、先週につづき「やったー」感のあるライブ。どうやら演奏曲が少ない方が絞り込めて、達成感があるようだ。まだ、余韻に浸っている今のうちにとりあえずは、写真と記事をアップしときま〜す。






 開始30分前の様子。このあと、次々にお客様が到着し、最後は40人近くに・・・。ご来場ありがとうございました。

| ジャズ・ノート | comments(2) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
5月3日ライブも無事終了! 22:06

 「連休のど真ん中なんか人が集まるはずがない」・・・と当初、お客さんの集まりが危ぶまれていた53日の用賀キンの

ツボでのライブ。

 みなさまのご協力いただき、なんと収容キャパをオーバーする40人以上のお客さんが集まった。

 

 この夜の“延べ人数”としては45人の記録的数字。なにしろ、我々演奏者たちも座る場所がなく、最後は立ったままトークのカクテルパーティースタイル。

 

 この賑やかさも手伝ってか、久々に演奏終了後に「やったー」という達成感あるライブとなった。この「やったー」感が最近ずっとわかなくて、去年の3月の新大久保triplet soupのライブ以来という感じ。

 

 しかし、音楽的には「やったー」からまだまだ遠かった。これは59日のつくばライブで極めたい。

 

 バタバタして写真を取り忘れたので、セッションに参加してくれたドラマーKAZUさんのブログ(4月29日の記事のコメント欄にあり)からお借りしました。KAZUさん、ありがとう!


 
| ジャズ・ノート | comments(0) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
怒涛のセッション・ウイーク終わる 17:06
 

 8日間に4回のセッションというスペシャル・ウイークが終わった。

 

 今日は、久しぶりに用賀キンのツボでのリハ。53日向けて、3人が集まった。

 

酒井美奈子さんのグルービーなピアノも楽しかったが、Markのフルートとアルトがいつの間にか、すごくなっていたのには、びっくり。ぐんぐん引っ張られていく感じ。気持ちいいノリで、リハを終えた。

 
 昨日は、仕事が終わってから、近くの「Girls Night Out Vol.4」に直行。“オシャレな青山カフェで一夜限りの買い物パーティー”というイベントで、基本的には女子限定(または女性同伴限定)のイベントだったが、縁あって、特別に招待を受けていたので、ちょっとポップイン。

 

 場内は99%女性で、まるで女子専用車両に間違えて入り込んでしまった困惑があったが、フリードリンクもあったので、せっかくだからと、ちょっといただいてから渋谷のセッション会場へ。

 渋谷セッションは、以前カフェ・コンレチェで活動していた4人だが、こちらも素敵なメンバーがそろっていてハッピー。このメンバー全員で集まったのは13カ月ぶりか。演奏中に、なぜか青山のイベントでいただいた赤ワインが回ってきて、途中でほろ酔い気分でのセッションとなってしまった。

 

 怒涛のセッションウイークも終わり、また明日から平常生活に戻ります。

 

| ジャズ・ノート | comments(0) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
ジェイミーのツーファイブ 23:37
  
 今日の予定の会議が流れて8時半に帰宅できたので、この前、渋谷のヤマハで買った、ジェイミーのシリーズの「ツーファイブ」をやった。

 

 なになに??延々と繰り返されるツーファイブの数々・・・ああ、これこそが、僕のほしかったCDだ。

 

 「こんなCDがあることをせめて今から4年前に知りたかった」と思い悩んだ。4年間でこれまで、通算50冊以上の教則本や楽譜集を買ってきたが、これが一番役に立ちそう。

 

 ジェイミーのシリーズっていろいろな曲の「マイナスワン」ばかりで、こんなのがあるなんて知らなかったよ〜。

 これから、ひとりでやることがいっぱいできた感じ。


| ジャズ・ノート | comments(0) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
1年前のつくばライブ 21:55

 最近は、1年の回転がすごく早くなってしまい、「あれ?」と思ったら1年がたっている。

 

 1年前のつくば神谷森ライブについては、当時のhanaブログに詳しいが、この記事から、ライブに参加した3人のブログにリンクが貼ってあるので、それぞれの視点で、当時の記憶がよみがってきて、とても楽しい。またウクレレのマコレレにも会えるのかな?

 

 去年の今頃は、仕事上の巨大プロジェクトを必死でやってたはずだが、今思えば、あの頃、よくライブをやる時間があったもんだ。でも、当時は「忙しいからこそライブやるんだ!」と意気込んでた気がする。今年はもう少し”音楽的”にアプローチしたいな。

 

 ああ、59日が楽しみ。 特に、ライブのあと、森林浴をしながら飲むビールのうまさよ!

| ジャズ・ノート | comments(2) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
自分の悪いクセ 23:38
 この前のリハでも気がついたけど、僕には致命的な悪いクセがある。

 

     イントロのテンポに関係なく、自分のテンポで演奏を始めてしまう。(特に何か考え事をしている時などに起こりがち)・・・演奏中に「考え事」なんかしちゃあいけないんだろうけど、リハの直前に仕事の電話がかかってきたりして。

     あるテンポで演奏が始まっても、途中でだんだん「自分が好きなテンポ」になってしまう。

    特にアップテンポの曲の場合、2ビートから4ビートに移行するときに、「ああ、これから大変だ(@_@)」という気持ちが先に立って、ついつい必要以上早いテンポで弾いてしまう。

 まあ、こういうクセがあることに自分で気がついただけでも「進歩」かもしれないが。

 

 演奏に限らず、「自分の悪いクセ」に早く取り組むということも、もしかしたら、人生を楽しくする方法のひとつかもしれない。

| ジャズ・ノート | comments(4) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
第2セッション(リハ) 20:13
  今日は、59日のつくば神谷森ログハウスライブのリハがあった。今回は、三留紗依(as)、上原旭(p)+ベース(自分)という、フレッシュな構成。

 神谷森ログハウスのサイトはこちら。⇒http://kamiyamori.wordpress.com/ 僕たちのライブも紹介されてるよ〜。

 

 きのうの超ベテランセッションでは、少し調子が出てきたと思ったが、それは、どうやらあの超ベテラン・ドラマーのせいらしかった。いきなり、ドラムをはずされると、大海で浮き輪をはずされた感じ。

 

 しかし、へこんでばかりもいられない。もともと、この1年、ずっとドラムレス・トリオをやってきたわけだから、きのうだけが特別だったわけだ。ドラムに頼っている場合ではない。

 

 日記を見ると、去年の明日、つまり2009年の419日に、神谷森ログハウスでtriplet soupのライブをやっている。あの時もちょっとへこんだ感があったが、今回のライブはなぜか大成功するイメージがある。

 

 さあ、いよいよあと3週間。これだけの時間があれば何とかなる。やるぞ!

 Masaさん、Ryongさん、よろしく。今年も、MasaさんのDanny Boyが聞けますね。
 みんなで、盛り上がりましょう!
 

| ジャズ・ノート | comments(2) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
| 1/21 | >>