コージコーナー 旅日記毎日の生活を「旅」にたとえて、旅日記のようなページにしてみたいです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
<プレイバックNo2> 酒とバラの日々 Days of Wine & Roses 20:51
 久しぶりのプレイバック・シリーズの第2弾はご存知「酒バラ」。2年と1ヶ月の間の演奏回数が通算72回で、「枯葉」に次ぐ2位。

 「困ったときの酒バラ」とはよく言ったもので、以前は練習セッションの最初に「何やろうか?」と聞くとたいがい「酒バラでもやろうよ」となる。

 そういう側面が強調されてか、あまりプロのライブで真剣に演奏されることが少ない曲のような気もする。

 僕がいつも参考にしているのは、「ニューヨーク・ジャズ・トリオ」の演奏と木住野佳子さんのトリオでの演奏だ。特に「ニューヨーク・ジャズ・トリオ」の演奏はあまりにも何回も聴きすぎて、ベースアドリブがいつもこの演奏の“そっくりさん”になってしまうのは困ったもの。

 「酒バラの一番の思い出は?」

 そうですねえ・・・やっぱり平成18年10月10日に初めて用賀キンのツボのライブで演奏したときのことかな。これが、第1ステージの最初の曲で、佐藤みゆきんのピアノソロが流れるようなフレーズをゆったりゆったり弾いていて、そこから急にインテンポになり、8小節のイントロが入って、三留紗依のアルトサックスがテーマを奏でる。ギター中田高弘、ドラム深田小次郎・・・まるでセピア色の写真のようになつかしい。
JUGEMテーマ:音楽


| プレイバック・シリーズ | comments(0) | - | posted by jazzkoji
<プレイバック1> Autumn Leaves (枯葉) 2 14:54
 関西から帰り、今日は大晦日。

 あす元旦までのわずか2日間のミニ「正月休み」だが、せめて「枯葉」だけは今年のうちに終わらせたいと、朝から2時間ほど練習に取り組んだ。

 まあ、ちょっと妥協だが、一応、ベースラインにちょっと変化をつけられたし、アドリブはまだまだわからないけど、できるだけルートの音を使わないようにしてコードの音をつなげるようにしてなんとなくフレーズっぽいものができるようになったので、これでひとまず「よし」としよう。
 
 今日はもうベースも片付けて、すぎゆく2007年という年を思い起こしながら、来年に思いをはせよう。

 今年はとにかく、ライブを9回もやったことが一番の収穫かな。

 アイザック達との2月の用賀ライブ、3月の渋谷でのカフェ・コンラチェ初ライブ、Ryongさん達とも共演した5月のつくば神谷森ライブ。5月下旬にはアルトサックスsayoriとギター千葉くんらのライブ。7月下旬には日本橋でカフェ・コンラチェ2回目のライブ。8月上旬はジョンさんのライブパーティに出演、下旬にはHarunaボーカルバンド結成初ライブ、9月〜10月のフランス出張のあと、11月にギター千葉くんらと上海人形ライブ。そして、12月のクリスマスライブ。

 今年、共演してくださったみなさま、そしてライブに足を運んでくださったみなさま、本当に本当にありがとうございました。

 どうか、よいお年をお迎えください。来年もまた、よろしくお願いします。

JUGEMテーマ:音楽
| プレイバック・シリーズ | comments(0) | - | posted by jazzkoji
<プレイバック1> Autumn Leaves (枯葉) 15:18
 “古きを訪ねて新しきを知る”温故知新シリーズの第1弾は、「枯葉」だ。

 僕は、2006年1月1日から『ジャズ日誌』なるものをつけ始め、これまで2年間の通算170回を越えるセッション、練習会、ライブなどで自分が演奏した曲、演奏メンバーなどをメモしてきた。

 その中で、ダントツに演奏回数が多かったのが「枯葉」。この2年間で83回も演奏したことになる。

 じゃあ、いま自分が演奏する「枯葉」は1年前の演奏とどこが違うかというと・・・う〜ん、実はあまり変わらない。次から次へと新しい曲へ飛びついて行ったことのしっぺ返しでもある。
  
 そこで、まずは「枯葉」を攻略することにした。最初の頃、僕はキャノンボール・アダレイ、マイルス・デイビスのあの「枯葉」で演奏されたベースラインのコピー楽譜を買って、ずっとその通り演奏していた。

 今では、さすがに楽譜なしで弾ける。しかし、ベースラインはというと、侠有垢里決まりのパターンを、まるで階段を昇り降りするかのようなあまりにも単一なライン。安定感はあるが何のおもしろみもない。

 そして、アドリブは2年経った今でも相変わらず弾けない。不思議なもので、ギターならフレーズが浮かび、ある程度のものは弾けるがベースで弾けない。出そうとイメージした音に指が向かわないし、すぐにピッチとリズムが見事にはずれる。これはなぜだ?

 アルトサックスのsayoriに今から1年以上も前に、「枯葉のアドリブをどうしたらいいか」とメールで聞いたら、当時の返事は確か「基本的にGマイナーのスケールで取ればいい」みたいな感じだった。僕にとっては、これでは答えにならない!

 ということで、前置きが長くなったが、温故知新シリーズの第1弾「枯葉」を題材に、まずは.戞璽好薀ぅ鵑吠儔修鬚弔韻討澆襦↓簡単にアドリブを考えてみる、に取り組んでみることにした。

 (追)このブログをある程度読んだ人ならわかるでしょうが、僕は、決めたことが長続きしないタイプなので、今回も「どのくらい続くかなあ」ぐらいで軽く読み流し、もし続かなかったら笑ってください。
JUGEMテーマ:音楽


| プレイバック・シリーズ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
| 1/1 |