コージコーナー 旅日記毎日の生活を「旅」にたとえて、旅日記のようなページにしてみたいです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
全国ライブハウス巡り(12)神戸編 Green Dolphin 23:31
JUGEMテーマ:音楽

 しばらくご無沙汰してしまった「全国ライブハウス巡り」。先日は神戸出張のおりに、Green Dolphinに立ち寄った。異人館近くの北野坂は、まるでジャズストリートと呼びたくなるようなライブハウスの宝庫。

 

 このGreen Dolphinは、オーナーであるパリ帰りのベーシスト平沼氏が主宰するライブハウス。メインはピアノとのデュオだ。

 

 平沼さんの演奏は正確無比で情感がある。ほとんどを人差し指だけで演奏してしまうのは、レイ・ブラウンの影響か。それを直接、平沼さんにお聞きしようとして、聞きそびれてしまった。

 

 神戸はジャズがとっても似合う街。ぜひぜひまた行きたい。

 

 ところで、今日930日は、僕にとっては「ライブ記念日」。3年前の930日、つくばの神谷の森ログハウスで演奏してから、今日でちょうど3年たった。

 今度の日曜には、たまたまそのときと同じメンバーで、パーティー(渋谷のレストラン「タントタント」の20周年記念)で演奏することになった。ライブ開始3年目の思い出になりそうだ。

| 全国ライブハウス巡り | comments(2) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
大阪・春の陣 music bar Hi-FIVE 19:01
 きのうから大阪へ出張。

 仕事のあと、海外から来日中のチェコ人のロブを誘って京橋の街に出たところ、music bar Hi-FIVE (ミュージックバー「ハイ・ファイブ」)というお店に出会った。写真の左が怪しげな?チェコ人のロブ。右がお店の店主、ギタリストでもあるTakashiさん。

 お店にはギターが何本も置いてあり、基本的には、ふらっと立ち寄って誰でもギターの演奏ができる。僕が最初に、ビートルズのYesterdayや、サイモン&ガーファンクルのScaborough Fairをぱらぱら弾いたりしてたら、その後で、Takashiさんがきれいな歌声で、いくつもビートルズの歌を聞かせてくれた。

 ロブもギターが大好きになって、さっそく始めるつもりとか。・・・・さて、そのお店を出たところで、ぶるぶると急に携帯が鳴って、緊急事態発生で、急遽、大阪出張を取りやめて東京に戻ることになった。

 それで、今は、東京のオフィス。緊急の仕事がひと段落ついたので、ちょっとアップ。あ〜あ、つかの間の大阪ステイだったなあ。
JUGEMテーマ:音楽
| 全国ライブハウス巡り | comments(0) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
全国ライブハウス巡り(10) 大阪編・YAKATA de Voce 23:36
 大阪で3泊4日の仕事が早目に終わり、8時過ぎに道頓堀に繰り出た。今、話題の「くいだおれ」のキャラクターを見ようと、人人人・・・状態。しかし、そういう自分もミーハーのひとり、さっそく携帯カメラに収めた。


 道頓堀は人が多すぎて歩けないので、小道に入り、ふらっと路地を歩いていると、「今夜ライブ」の小さな看板が。女性ヴォーカルとギターのデュオ。YAKATA de Voceというお店。

 4階までとんとんと階段を上がった。ドアを開けると、ちょうどファーストステージの最後の曲。すぐ休憩時間になったので、カウンター越しにマスターと話をする。自分が東京から来たことやベースを始めて3年目というような簡単な自己紹介。(写真下は店内の一部)



 すると、第2ステージが始まる前にマスターがサックスを持ち出し、「一緒にやりましょう」という展開に。いつの間にか、サックス、ギター、ベースという組み合わせでStellaが始まった。ここ数日ベースを触っていなかったのと、すきっ腹にビールを飲み干した後で、自分の演奏はガタガタだったけど、マスターのこの好意に感激。

 浪花路で ステラを弾くや 連休夜

 最後は、「れんきゅうや」と読みます。その前の「ステラを弾くや」と韻を踏むと同時に「連休(なん)や」と、ちょっと関西弁。無理やり季語を入れましたが、ちょっと字余りでしたね。明日朝、東京に戻ります。


JUGEMテーマ:日記・一般


| 全国ライブハウス巡り | comments(2) | - | posted by jazzkoji
さようなら渋谷ジャムハウス 06:54
 「目黒ジャムハウス」から渋谷に移転して営業を続けていた「渋谷ジャムハウス」がとうとう今日で店じまいをする。

 目黒時代からお世話になっただけに本当に名残惜しい。特に去年の3月に、カフェコンラチェで初ライブした時には会場を使わせていただいたりしてお世話になった。

 すごく残念だったので、毎週月曜に行われてきた「初心者セッション」にこの前、参加したら、同じような気持ちで集まった20名を超える人でごったがえしていてしかもどんどんお客さんが増えてきたので、(ほかの人にも楽しんでもらいたいという気持ちで)2曲だけ弾いて途中で帰ってきてしまった。

 お客さんというのは勝手なもので、気が向いた時にだけ足を運ぶ。でも、いつ行ってもお店が「そこにある」というのは大変ありがたいもの。その「渋谷ジャムハウス」も明日からはなくなる。オーナーの吉田正広さん、ありがとうございました。

 昨年秋には、同じく渋谷の「Baby Talk」が閉店して、今回の「ジャムハウス」。これで、渋谷でいけるのはとうとう「KOKO」だけになってしまった。

 久しぶりに行ってみるかな・・・(と、同じように思う人たちで当分は混みそうだけど)

JUGEMテーマ:音楽


| 全国ライブハウス巡り | comments(2) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
全国ライブハウス巡り(9) 渋谷ジャムハウス 23:33
 今年に入って初めての2連休が取れたので、朝は少しゆっくりして、部屋を片付けたり、家の周りを散歩したりしたあと、夕方からお目当ての「渋谷ジャムハウス」初心者セッションに出かけた。

 目黒ジャムハウスがビルの都合で立ち退き移転となり、しばらく新天地を探していたが、なんと渋谷駅から徒歩2分という絶好のロケーションで、2月4日にオープンした。いつもセッション練習しているサイトウスタジオからも徒歩1分だ。

 今日の参加者は6人だった。ベース2、ドラム2、ピアノ1、トランペット1。だから順番の回りも早い。一応”初心者“セッションなので、演奏曲も、かなり初心者向き。今日は、But Not For Me, Satin Doll, Billie’s Bounce, Another You, All Of Me, I Love You, Everything Happens to Me, Night and Day・・・と先日の用賀ライブでやったおなじみの曲を中心に、演奏した。

 この渋谷ジャムハウスにはメンバー制度があり、5000円払うと、その1か月間は何回行ってもノーチャージ。だから、30分だけちょこっとのぞいて見たいなと思っても、毎回のチャージを気にせずに、ちょっと入って、ちょっと演奏してきて、さっと帰ることもできる便利な制度だ。さっそく、メンバーとして入会した。

 渋谷はKOKOもあるし、いよいよジャムセッション激戦区になってきました。限られた時間と予算の中で、さあどうするか?

| 全国ライブハウス巡り | comments(0) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
全国ライブハウス巡り(8)フランス・パリ編 Le Petit Journal 12:24

 先日のパリ滞在で、最終日にわずか1時間だけライブハウスに行けたので、記憶が薄まらないうちにアップしておくことにしました。
 
 今回訪れたのは、サン・ミッシェル通りにある老舗の『Le Petit Journal 』というライブハウス。ライブ演奏は午後9時くらいから始まり、午前0時すぎまで行われると聞いて、仕事後、メトロを乗り継いで、午後11時に現地到着しました。

 この日演奏していたのはClaude Bolling Trioという地元のトリオ。チャージは、ワンドリンク付きで、17ユーロ(およ2650円くらい。しかし、今すごい勢いでユーロが上がっているので、本当はもっと安い感覚のはず)。

 ライブハウス内はぎっしりお客さんが詰めかけ、はじめは一番遠い席でしたが、一部のお客さんが帰ったあと、最後の数曲だけは、かなり近い位置で聴くことができました。

 言葉で表現するのは難しいですが、あたたかみのあるヨーロピアン・サウンドでした。1曲1曲にお客さんが声を上げて反応し、ステージとフロアーにすごく一体感があるなと思いました。

 この前(11月16日)のブログ↓で紹介したのが、このライブハウスの演奏後の写真。演奏中の写真は、遠慮がちに撮影したため、ぶれてしまいました。

| 全国ライブハウス巡り | comments(0) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
ジャムセッション堪能の夕べ 08:03
 仕事後、渋谷KOKOのジャムセッションに参加しました。ベースの渋谷さんがホストということもあり、きのうはどうしても行ってみたい日でした。仕事中、携帯メールにアイザックからも「今日9時頃行くよ〜」という連絡あり。

 さて、行ってみると、今までのセッションでは会ったことのない人に次から次へと遭遇。カナダでも最も有名なジャズピアニストのひとりといわれているロン・デイヴィスさん(現在、来日中)、この夏、アメリカから帰国したばかりのアルトサックス奏者・佐藤恭子さんらが次々と参加。他にもトランペット、テナーサックスらもレベルの高い方ばかりで、聴き手に回っても時間が短く感じるほどでした。特にロン・デイヴィスさんと佐藤恭子さんの演奏は、さすがプロ同士の共演とあって、ハウス内の空気を一気に変えてしまうほどのオーラとグルーブがありました。このおふたりの演奏に偶然出会えたのはラッキーでした。

 ラストは全員で、High High The Moon。セッションが終わった後も、参加者全員がジャズ論議であれほど盛り上がっている光景も初めて見ました。

 アイザックから「明日マンハッタンかファーストステージのジャムセッションに行くけど行かない?」と誘われましたが、さすがの僕も3日連続はちょっと。でも、きのうのジャムセッションで、新たなインスピレーションを受け、なんだかこれまでの殻を一気に破れそうな予感がしてきました。よっしゃ!
| 全国ライブハウス巡り | comments(3) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
香港・爵士樂(ジャズ)事情 00:18
 中国語でジャズのことを「爵士樂」ということを、ホテルのフロントの人に教わりました。さて、その香港ジャズ事情とは・・・。

 午後9時半に仕事が終わり、さっそくホテルのコンシェルジェに「どこかジャズのライブやっているお店知りませんか?」と聞いたら、「・・・・」という回答。いわんやジャムセッションをや。

 そこで、インターネットの『Yahoo 香港』で調べたものの、全部中国語で、まったくアウト。ホテルのコンシェルさんが、「ここにいったらあるかもしれません」と教えてくれたのが香港でも有名なバー・パブ街 Lan Kwai Fong。「ここにライブハウスがあるの?」と聞いたら、「行って自分で探してみては」というそっけない返事。タクシーで300円程度なので駆けつけてはみましたが、確かにバーとパブはあっても、ライブハウスはどこにもありませんでした。

 こういう時の最後の手段。知らない街に行ったら、まずは最高級のホテルのラウンジへ向え!別に泊まる必要はない、しかもホテルはあなたの入館までは拒絶はしない。そこで、またタクシーを拾って、「シャングリラホテルへ行ってくれ」と一言。200円くらいで、すぐに夜景のきれいな高台のあるシャングリラへ。

 やってました。ピアノ・ベース・ヴォーカルのトリオ♪。

 お客がリクエストできるというので、さっそくリクエスト用紙に『My Funny Valentine』を書いてリクエストしました。今まで、生で聴いたジャズヴォーカルでは一番インスパイアリングでした。ビール一杯で1時間近く粘り、本日の総コスト、帰りのタクシー代(300円)を入れて、1400円なり。あしたは朝7時から会議なので、このへんで。

 なんか自分で自分を忙しくしてるみたい。でもこうでもしないと、なかなかジャズの時間が取れないんです。

| 全国ライブハウス巡り | comments(7) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
全国ジャムセッション巡り(7) 外苑前 Z. IMAGINE編 06:40
 地下鉄銀座線の外苑前の駅を上がったところにあるZ.IMAGINEというお店。月に1回セッションをやっていることを知って行ってみた。ちょうどきのうがその月イチの日。

 簡単にシステムを紹介すると、ワンドリンク付きで1500円。午後7時半から1時間ばかりホストバンドの演奏があり、そのあと休憩があって、午後9時ちょっと前から、セッションタイムになる。

 ユニークなのは、演奏している映像と音が、お店の外の大きなスクリーンに映し出され、道行く人にも見れる(聴ける?)こと。これが「困る」という人にはおススメできないが、「別にどうでもいいや」とか、「映りたい〜!」という人向き。

 きのうは、元々他の用事(運動不足解消のため、夜のスイミング)を入れていたため、あんまり長居はできなかったが、12月は11日(月)がセッションデー。次回は行くつもりなので、もし行く人がいたら現地でお会いしましょう!

| 全国ライブハウス巡り | comments(1) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
ちょっとの間、さようなら目黒ジャムハウス 20:02
今朝は千葉県長生郡の出張先(日本エアロビクスセンター)から、携帯電話でブログをアップしましたが、あんまりにもあわてて書いたので、ちょっと書き直しです。

現在、すっかり“仕事人間”になり変わり、jazzkojiはちょっとおあづけ状態。そんな中で、あの「目黒ジャムハウス」がビル移転のため、11月5日でもって、一時休業します。また、12月に新天地で再開するということなので、わずか1か月のお休み。その1か月は、僕もたまたま仕事で忙殺される1か月なので、自分への影響は少ないですが、今のジャムハウスにはすっかりお世話になったので、とってもとっても名残惜しいです。

9月と10月は自分のライブがあったので、あんまりジャムセッションには行けませんでしたが、僕の手帳には、通常、下記のようなメモが書かれていました。

月曜 目黒(初心者セッション)
火曜 目黒(ボーカルセッション)
水曜 渋谷KOKO、または六本木ファーストステージ
木曜 六本木ファーストステージ
金曜 六本木ファーストステージ
土曜
日曜 渋谷KOKO(初心者セッション)

これは、仕事が早く終わった時に、とっさにどのジャムセッションへ行くか決めるための早見表です。六本木は、帰宅ルートと反対になるため、これまではかなり早く仕事が終わった時しか行けませんでした。

目黒ジャムハウスの月曜「初心者セッション」は、「初心者が平気で失敗できる数少ないセッション」として、個人的に大変お世話になりました。ボーカルセッションは、歌伴の練習になるので、時々行かせていただきました。

リニューアルしてからの再開を楽しみしています!

| 全国ライブハウス巡り | comments(2) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
| 1/2 | >>