コージコーナー 旅日記毎日の生活を「旅」にたとえて、旅日記のようなページにしてみたいです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ライブ考 07:18
今日もライブ考を。

Q 今回のライブで比較的満足できた曲は?
A 第3ステージのトップに演奏した『荒城の月』です。前から日本のメロディーをジャズにしたかったので、最初はちょっと自己満足っぽいかなって思ってたんですが、あとで「あの『荒城の月』はカッコよかったよ」とのコメントを聞いてほっとしました。
 リハのたびに編曲を変えたので、最後の方にはメンバーにはあきれられていましたが・・・。あの曲がうまくいったのは、他のメンバーの柔軟性と忍耐力のおかげですね。

Q どんな点を工夫したんですか?
A 音質的に”日本の響き”を大切にしました。そこで、アルトサックスのさよりにフルートをお願いし、僕はアルコ(弓)でベースを弾いてテーマを演奏したりしました。狙いはフルートが雅楽の笙(しょう)のように響き、ベースが琴のようにはじけること・・・でした。あのわずかワンフレーズの演奏のために5万円もするアルコを買ってしまい、あとでどっと反省(笑)。もちろんこれからもどんどん使いますけど!

Q 特にこの曲を選んだ理由は?
A 季節感です。中秋の名月といいますが、『荒城の月』は、澄んだ秋の空に上がるというイメージがありました。『枯葉』はもちろん、『アラバマに降る星』(Stars Fell On Alabama)も、秋の夜空を感じさせてくれる曲でした。

 秋をイメージした曲としては、Early Autumn(初秋)、Autumn in New York (ニューヨークの秋) などまだまだありますね。こうしてみると、ジャズには結構季節感にあふれた曲が多いんですよね。

Q ほかにも試みたことは?
A 基本的にはアルトサックスのクインテットですから、サックスがほとんんど前面に出ますが、できるだけ個々の持ち味をいかすため、ギターをフィーチャーした『アナザーユー』や、ピアノでテーマを取った『枯葉』などで変化をつけました。今回は、ドラムとベースはリズムセクションに徹しましたが、あとから「なんでドラムとベースのソロがないの?」という指摘も受けました。ごもっとも。間に合わなかったんです(笑)。

Q 全般的に到達できたことは?
A やっぱり最後の最後にリズムセクションのドラムのコジローと呼吸が合ったことですね。そして、どちらかというとそれまで自分の苦手だったチャーリーパーカーのBillie’s Bounce やOLEOを思い切り楽しめたことは、大きな収穫でした。ソリスト達も現時点で持てる力を十分出し切ったと思います。

Q ライブの楽しさを一言でいうと?
A メンバーひとりひとりが今までで最高の演奏をする瞬間・・・その中に自分も一緒にいられるということ。その音をみんなと作り出している場所に一緒にいられることに、最高の充実感を感じます。

Q これからはどんな活動を考えてますか
A はい、それはもう一日考えて次回お話しますね。(つづく)
| ROAD TO LIVE | comments(2) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
Comment








荒城の月は結構JAZZアレンシされていますね♪ とっても綺麗な楽曲だし(^-^)日本の曲もイイですよね♪聞いてみたいです☆
posted by Ryong | 2006/10/18 2:37 PM |
やっぱりそうですか・・・僕はもっぱらアウトプット派なので(笑)、「荒城の月」のジャズバージョンをまだ聴いたことが一度もないんですが、やっぱりジャズ演奏されてるんでしょうね。
posted by koji | 2006/10/18 3:02 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kojiscorner.jugem.jp/trackback/117
<< NEW | TOP | OLD>>