コージコーナー 旅日記毎日の生活を「旅」にたとえて、旅日記のようなページにしてみたいです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
<プレイバック1> Autumn Leaves (枯葉) 15:18
 “古きを訪ねて新しきを知る”温故知新シリーズの第1弾は、「枯葉」だ。

 僕は、2006年1月1日から『ジャズ日誌』なるものをつけ始め、これまで2年間の通算170回を越えるセッション、練習会、ライブなどで自分が演奏した曲、演奏メンバーなどをメモしてきた。

 その中で、ダントツに演奏回数が多かったのが「枯葉」。この2年間で83回も演奏したことになる。

 じゃあ、いま自分が演奏する「枯葉」は1年前の演奏とどこが違うかというと・・・う〜ん、実はあまり変わらない。次から次へと新しい曲へ飛びついて行ったことのしっぺ返しでもある。
  
 そこで、まずは「枯葉」を攻略することにした。最初の頃、僕はキャノンボール・アダレイ、マイルス・デイビスのあの「枯葉」で演奏されたベースラインのコピー楽譜を買って、ずっとその通り演奏していた。

 今では、さすがに楽譜なしで弾ける。しかし、ベースラインはというと、侠有垢里決まりのパターンを、まるで階段を昇り降りするかのようなあまりにも単一なライン。安定感はあるが何のおもしろみもない。

 そして、アドリブは2年経った今でも相変わらず弾けない。不思議なもので、ギターならフレーズが浮かび、ある程度のものは弾けるがベースで弾けない。出そうとイメージした音に指が向かわないし、すぐにピッチとリズムが見事にはずれる。これはなぜだ?

 アルトサックスのsayoriに今から1年以上も前に、「枯葉のアドリブをどうしたらいいか」とメールで聞いたら、当時の返事は確か「基本的にGマイナーのスケールで取ればいい」みたいな感じだった。僕にとっては、これでは答えにならない!

 ということで、前置きが長くなったが、温故知新シリーズの第1弾「枯葉」を題材に、まずは.戞璽好薀ぅ鵑吠儔修鬚弔韻討澆襦↓簡単にアドリブを考えてみる、に取り組んでみることにした。

 (追)このブログをある程度読んだ人ならわかるでしょうが、僕は、決めたことが長続きしないタイプなので、今回も「どのくらい続くかなあ」ぐらいで軽く読み流し、もし続かなかったら笑ってください。
JUGEMテーマ:音楽


| プレイバック・シリーズ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by jazzkoji
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kojiscorner.jugem.jp/trackback/360
<< NEW | TOP | OLD>>